2006年06月04日

コンサート2

 今日、デビッド・ジンマン指揮 チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団+ヨーヨーマのコンサートを聴きに行ってきました。演目はシューマンのチェロ協奏曲イ短調op.129とマーラーの交響曲第1番「巨人」。

 ほとんどの人はヨーヨーマが目的だったらしく、休憩後に空席もいくつか見受けましたが、私の場合はあくまでもマーラー(笑)。やはりマーラーはいいなぁ。私の場合、自分でホルンをやったりするもんだから、ホルンをうまく使っているマーラーは大好きな作曲家。今日も4楽章のクライマックスのところでホルン8本が総立ちしてベルアップ! 感涙ものでした(笑)。

 やっぱり演奏会っていいなぁと実感しました。近年は年に数回しか吹く機会がないため、もう音も鳴らないような気がしますが、おそらくお盆に吹く機会がくるはずなので、それに向けて練習しなければっ!みんなでやるのはやっぱり楽しい♪ 音楽バンザイっ♪\(^o^)/
posted by てつ at 20:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てつさん、はじめまして。
私もゆうべのコンサートは聴きました。
マーラーは盛り上がってよかったですよね♪
ジンマンがあんなにロマンチックな演奏をするとは思いもかけなかったので嬉しい驚きでした。
ところで、その巨人でヨーヨーマがさりげなくチェロパートの後ろの方に混ざって演奏していたことにてつさんはお気づきになりましたか?
いくらなんでも他人の空似だろうと思ったのですが、ニコニコしながら周りとアイコンタクトとってたし、帰り際一応主催者に確認したら果たしてまさしくヨーヨーマだったそうです。
「サプライズ」なんですって。
でも種明かししないとサプライズにならないですよね。
気づいていない人が殆んどだったみたいでちと残念です。
Posted by ミケキチ at 2006年06月13日 16:25
ミケキチさん、コメントありがとうございます。ヨーヨーマがチェロに混じっていたとは・・・。
「夕べの」というとどちらでの演奏会だったのでしょうか?私は石川県立音楽堂で聞きましたが、席が3階補助席(チケット代高すぎ(笑))だったので、ステージまで遠かったため、そこまで気づきませんでした(っていうよりホルンしかみてなかったかも(笑))。
情報どうもありがとうございました。m(_ _)m
Posted by てつ at 2006年06月14日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
Excerpt: チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(Tonhalle Orchester Z?rich)はスイスのチューリッヒを本拠として活動するオーケストラ。 設立のきっかけはリヒャル..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2006-06-06 16:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。